【DM】流行乗るマン2
DM

【DM】流行乗るマン2

まえのつづき

大したことはかきません

まる


前の続きと言いながらも違う話をします。

僕のDMモチベが著しく低下した話です。
前の記事で絡んでくるところといえばクソ環境だって話ですね。

でも実のところ、それよりもモチベ低下につながってることがあります。

それは結果です。

実は2013年のおやつCSsummer以来ベスト8になったどころか予選抜けた記憶すらないです。
正直これだけやっててまともな結果残したのが1回だけって話にならないんですよ。
このご時世、土日は当たり前のようにCSが開催されています。
地元の富山でだってそうです。
月1回はCSやってますね 新しくCSを始める店も出てきました。
そんだけCS開催されていると、必然的に自分の参加数も増えますよね。
でも結果はついてきませんでした。

自分の細かなプレミがこうやって出てるんだろうなって感じがします。
いっつもギリギリまでデッキが決まってないのがこうやって出てます。
ギリギリまで触ってたデッキを急にやめて違うデッキ使うクセがこうやって出てます。

自分が悪いのはわかっているものの、どこか納得いってない自分がいるわけです。

赤黒ドルマゲドン 僕が好きなデッキタイプです。
ですがGP4thでは残念な結果になりました。
でも最近赤黒ドルマゲドンがBest8やらBest4やらになってるのと見ました。
お?と思い構築を見たらトリガーが10枚
モルネクだのジョーカーズだのが走ってくる環境でトリガーの枚数を割り切るワケにはいきません。
10枚が割り切っているかと言われると微妙ですが、僕は12枚積んでダメだったので12枚が最低でも必要な環境なんだろうという認識でいます。
どちらにせよジョーカーズにはたくさん踏ませて盤面返していくしかないですからね 多い方がいいとは思います。

ちょっと関係のない話をしましたが、僕が言いたいのは構築段階で問題がある(そこの価値観は人それぞれだが)デッキリストでもちゃんと踏ませたり、ちゃんとした動きできれば勝てるんだなって思っちゃったことでして。
当たり前のことですが、ちゃんとした動きが安定してできるデッキで尚且つ、ちゃんとした動きのルートが何本かあるようなデッキが強いんですよね。

じゃあちゃんとした動きってなんだ?って話です
例えていえばモルネクです。
・メンデル2ブースト火の子モルネク
・メンデル1ブースト火の子スクチェン永遠龍
・火の子火の子モルネク  etc...
他には猿ループ
・ベイBジャックステップルマリニャンエウルブッカ
・ベイBジャックサンナップヤドック  etc...
こういう動きのことだと僕は思います。
対面のデッキによっては動きは変わってくると思いますが・・・

やっぱり序盤(1~3t目くらい)の動きは大事です。
ここでアクションが取れないだけでテンポ持ってかれることもあるわけですよね。

と、ここで話を変えます。
”序盤の動きは大事”です。
これはどのカードゲーム、風呂敷を広げればどんな競技においても変わらないことだと思います。
ザックリとした例えですが、長距離走、初めから全力疾走したら後半ダレることは間違いないです。
そういうことです。
じゃあ何故この部分を強く協調するのか
それはちょいちょい話題に上がってくる「火の子の枚数問題」と関係があります。

先に話した通り、モルネクの理想的な動きにはこのカードが多く関わっています。
このカードのメリットを上げていくと
1、デッキの9割が火のカードなので、ほぼ確実にハンド消費しないブーストができる。
2、ある程度プレイすることで、デッキの圧縮につながる
3、ライフ等と違い、2枚引いたとことで困ることがない

デメリットとして、強いて言うならば
1、緑単色
正直これしかないです。
これも大きなデメリットかと言われるとそうじゃないです。
赤単色しかマナに無い時、緑単色セットでジアースだのミツルギだのがプレイできるようになります。
このカードに弱いところは僕はないと思います。
メンデルのヒット率だの閣のヒット率だのを気にするのはお門違いだと僕は思います。
そういう話を持ち出す人間は、メンデルと火の子がハンドにある時に火の子セットメンデルだの、スクチェンモルネクから閣1択みたいな人間です。
確かにメンデル2ブーストは魅力です。スクチェン閣で2回捲れるチャンスがあるのは魅力です。
ですが、それで外したらあーだこーだ言うのは目に見えてます。それは対戦相手も自分もわかっていること。
そのリスクと火の子の枚数を天秤にかけたとき、天秤が傾くのは火の子の枚数です。
スクチェンで出したモルネクが処理されて後ろがない。
確実に7マナ8マナまで伸ばさなければ、後続がない時に何もできない。
自分が欲に任せてプレイするためにセットできなかった多色カードが手札に嵩張り、次の1手が着々と遅れていき、テンポを取られる。
そんなゲームになったら文句を垂れる人を僕は見たことがあります。
そんなことになるくらいなら素直に火の子でマナを伸ばせばいいじゃないですか
って僕は思いますね。

喧嘩を売ったりしているワケではないですが、例をひとつあげようと思います。
とあるプレイヤーのモルネクのリスト(Best4だった気がします)がtwitterで流れてきました。
そのリストを見ると火の子が2枚しか入っていません。
ブーストの総数はメンデル4火の子2の6枚のみ
そんなのめちゃくちゃじゃないですか
どう転んだらそういう枚数になるのか不思議でなりません。
そのリストに対してリプライが飛んでいました。
「火の子2枚で引けますか?」
ごもっともな質問だなって。
そもそも2枚は安定して引けない 少ない枚数の方が手にくるオカルトがあるのはなんとなくわかるが、オカルトリストは当てにならないどころの騒ぎではない。
それに対してとあるプレイヤーはこう返事してました。
「引けますよ。ブースト引けない試合はあったけど、スクチェンマナロやらスクチェンモルネクで返しました。」
????????????????????????
ネタで言ってるのかどうかは定かではないですが、何を言っているのか理解に苦しみます。
殿堂カードでケアしました?
それこそオカルトだ。
でもこのリストでBest4になってるし、大体8回戦くらいをこのリストで駆け抜けるポテンシャルが彼にはあったんだなって。
序盤の動きを取っ払ってまで、パワーを詰め込んだリストだからできたことかもしれないと思ったんですけど、スクチェンもマナロもモルネクもどのリストを見ても配分は4-1-4 何ら変わりないんですね。

結局上振れ選手権なんだと火の子の枚数を減らしているリストが入賞する度に思ってしまいます。
ここで例えの話は終わりです。

前の記事にしても、モルネクの話しかしていませんが、僕はこのデッキが嫌いだからこそ、こうやって思うところがあるわけです。
構築もまともになってないリストに負けるときの悔しさっていうか、そういうのあるじゃないですか。
しかもそれは大会が終わり、リストが上がるまでは本人とその身内くらいしか知らないリスト。
自分は普通に負けたと思っていたら実は火の子2枚でした なんて言われた暁にはモチベ吸われるどころの騒ぎじゃないと思います。

そんな感じでダーっと思ってること書きました。

結局この記事で何が言いたかったのかというと、自分がどれだけ考えてプレイしていても、カードパワーで押し潰されてしまうんだってことです。
構築段階での問題にも気づかない人間と対戦して、上から捲られて負けて
そんなデッキが横行してるカードゲームを僕はおもしろいもの として扱えません。

ま、これは僕が結果を残せないことと直接関係があるわけでは無いんですけどね

駄文長文失礼いたしました。
めちゃくちゃなこと言ってるかもしれないんですけど、触れないでください。


つづく
スポンサーサイト

1コメント

ふと思ったのが、シャドウバースというカードゲームアプリのドラゴンと言うカードタイプ、デッキタイプはモルネクに似てるなと。とくにブーストしてパワーカード叩きつける感じが。まあモルネクほど酷くはないですが、相手にすると結構しんどいです。DMに関係ないコメントすみません。
読んでいて、私怨が感じられて面白かったです。
個人的には緑単サソリス(ループ無し)を使ってるので、猿ループ系が嫌いです。サンマッドが規制されそうで。

Edit

コメントの投稿

0トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
訪問者の数
プロフィール

らりるれろ

Author:らりるれろ
はじめまして、らりるれろと申します
よろしくお願いします。

アニメ見ますDMしませんWIXOSSしません。

生涯おもしろかったアニメ
・グレンラガン
・シュタゲ
・SHIROBAKO
・あの花
・とらどら

最新記事
最新コメント
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ショッピングモール


トレーディングカード/ブロマイド販売 通販ショップの駿河屋

アフィリエイト・SEO対策
スキとスキとでサンカク恋愛